iPhoneのバッテリー劣化度をアバウトに調べてみた

目次

  • 概要

  • 測定方法の紹介

  • 結果

概要

Appleは性能が80%未満になったら無償交換してくれる制度があります。(Apple Care加入者)

www.lifehacker.jp

自分のバッテリーはどれくらいの性能があるのか、交換時期にきているのか、をだいたい把握できればと思い、アバウトではありますが測定してみました。

測定方法の紹介

アプリとかではなく、ガジェット「RT-USBVAC2」を使います。

ルートアール USB 簡易電圧・電流チェッカー 積算機能・時間・ワットVA同時表示対応 RT-USBVAC2

ルートアール USB 簡易電圧・電流チェッカー 積算機能・時間・ワットVA同時表示対応 RT-USBVAC2

  • 出版社/メーカー: ルートアール
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログを見る

消費電力[W]・通電時間[秒]・通電容量[mAh]が測定でき、これらが10ページあります。 1ページ目はiPhone・2ページ目はAndroid、のように使い分けることができ、それぞれ電源から抜いてもデータが保存されます。

今回は完全にバッテリーをカラにした状態からRT-USBVAC2の任意のページをリセットして、通電容量を取得し、私が使っているiPhone 6 Plusのバッテリー容量の2915mAhと比較する、という手法です。

もちろん安いガジェットで誤差があるのと、充電中にiPhoneの電源が入っているので、実際よりも多い電流が流れているであろうことが予想されるので、あくまで気休めな方法とお考えください。

結果

通電容量

f:id:madachugakusei:20150729060627j:plain

2854mAh

通電時間

f:id:madachugakusei:20150729060715j:plain

4時間1分3秒

消費電力

f:id:madachugakusei:20150729060648j:plain

1.786W

消費電力は充電が完了しているのでほとんどないですね。

さて、劣化度ですが、

=(2915-2854)/2915*100 = 2.1%

Appleのバッテリー交換の基準となる性能80%、に合わせると

=(2854)/2915*100 = 97.9%

と、まだまだ交換しなくて大丈夫そうでした!


以上